• ホーム
  • 高血圧治療薬のアダラートについて紹介

高血圧治療薬のアダラートについて紹介

血圧を測定される患者

アダラートは主成分をニフェジピンとするカルシウム拮抗薬と呼ばれる高血圧治療薬です。
血圧とは血液が血管を押す力のことで、その力が強い状態が長く続くと様々なトラブルの原因になります。
高血圧は血管に強い圧量がかかり血管に大きなストレスを与えることになり、血管がもろくなったり、脳卒中等の原因になることもあります。
血圧が高くなる原因としては様々なものがありますが、いずれにしろ、血圧自体を下げる必要がでてきます。

カルシウムの99パーセントは骨に存在していますが、1パーセントは脳の記憶や運動機能の調節などの生理作用に欠かせない存在です。
血管の収縮にもカルシウムが大きく関与しているのです。
血管は平滑筋と呼ばれる筋肉細胞よりなっていますが、血管にはカルシウムが流入するための受容体が存在しています。
カルシウムが入って来ると血管は収縮しその分血圧が上昇します。
カルシウムが流入するための受容体をブロックすると血管は収縮せず、したがって血圧も上がりません。
これがカルシウム拮抗薬の働きです。

アダラートにはいくつかの種類があります。
アダラートカプセルは最初の製剤で、作用時間も短く一日三回の服用が必要でした。
次に血中濃度を12時間保つことのできるアダラートLが出現、血中濃度の急激な上昇を防ぐことが可能になってきました。
次に開発されたアダラートCRは二層構造になっており、外層がゆっくりと溶ける仕組みになっていることから血中濃度を24時間維持することができるようになり、副作用も軽減できるようになったのです。
服用方法はそれぞれ異なり、目的に応じた使用方法を選択して処方されます。

アダラートは血管を拡張することで血圧を下げる効果があるので、副作用の多くはそれに由来するものです。
頭痛、頭重感、顔面紅潮、顔のほてり、めまいなどが挙げられます。
頭痛に関して言うなら、脳の血管が拡張することで、血管が周囲の神経を圧迫することになり頭痛がおこります。
また顔の血管が拡張することで顔面の紅潮やほてりが生じることになります。

効果が安定して持続することがアダラートの特徴

アダラートの最大の特徴はその効果が安定して持続することです。
アダラートをはじめとしたカルシウム拮抗薬は効き目がよく、また安全性が高いため高血圧の治療に第一選択されています。
その中でも特に安定した効果を発揮する時効タイプの製剤が多く用いられています。

一般製剤の場合にはニフェジピンとして1回10mgを1日3回経口にて服用します。
これが基本的な服用方法であり、症状によって量を調節することになります。
時効製剤の場合には1日2回服薬するタイプと1日1回服用するタイプとがあり、どちらも経口服用ですが、量が異なります。

アダラートは安定した効果を持ち、またその状態が持続することを大いに期待することができる薬ですが、副作用がある点も留意しなければなりません。
多くみられるものにはほてりやめまい、軽い動悸などです。
これは血管拡張効果によるものであり特に短期間型の製剤を服用した際に現れやすい症状です。
服用を続けるにつれ徐々に慣れていきますが、症状が重い場合や胸の痛みを感じる時には早めに医療機関を受診することをお勧めします。

また、長期間の服用により足の甲のむくみや歯肉の腫れが見られる場合がありますが、歯肉の腫れの場合は歯肉をよくブラッシングし、口内を清潔に保つことである程度予防することが可能な症状です。
副作用という言葉を耳にすると恐ろしいものであるかのように錯覚しがちですが、どのような薬剤であっても副作用は存在します。
アダラートは数ある高血圧治療薬の中でも特に安全性が高いといわれており、年齢を問わず幅広い患者に用いられている薬です。
血糖や尿酸などにも影響しないため、合併症の多い高齢の患者に多く処方されるほど副作用が出づらいあるいはごく軽いものであるといえるでしょう。

関連記事