• ホーム
  • 高血圧が原因で頻尿が発症することがある

高血圧が原因で頻尿が発症することがある

高血圧が原因で頻尿が発症する場合があります。
しかしながら、生活習慣を見直すことによって頻尿が改善されることがあります。

一番大切なのは、食生活の改善です。
脂分や塩分の高い食事をしていたら、どうしても高血圧になりやすくなります。
バランスよく食事を食べることが大切です。
そのためには何でも食べないといけないのですが、その中でも生姜や銀杏は、頻尿の改善によく効くと言われています。

次に、冷え改善も大切なポイントになります。
冷え性の原因は、筋力の低下に伴う代謝の低下です。
これを改善するには、定期的な運動が一番効果的です。
ジムなどでウエイトトレーニングや有酸素運動を行うのが一番効果的なのは間違いないのです。
仮にジムに通ってウエイトトレーニングや有酸素運動を行う時間がない場合には、骨盤底筋体操という運動を行うのが良いでしょう。
こちらの体操は高血圧の専用サイトなどで詳しく記載されています。
しかも誰でも手軽に出来る運動なので、一人でも十分に行うことが可能です。

老廃物がたまると高血圧になる事も知られています。
腎臓機能が悪いと老廃物が溜まってしまいますが、生姜や銀杏などの腎臓機能の向上をサポートするような栄養素をバランスよく摂取する事も非常に大切なポイントになってきます。

膀胱訓練も大切になります。
膀胱訓練は医師や看護師から教えてもらえれば、比較的誰でもできる腎臓の健康訓練です。
泌尿器科がある総合病院や泌尿器科の個人医院が開設している公式サイトなどに、膀胱訓練についてかなりの確率で説明が記載されていますので、そちらを参考にしても大丈夫です。

このような点を注意しておけば、高血圧が原因の頻尿が発症した場合でも恐れることはないです。
しかし中には重大な病気が隠れている場合もあるので、少しでも気になることがあれば、頻尿に強い泌尿器科の専門医を訪ねて専門医の視点から診察を受けることが最大の健康の秘訣と言えるのは間違いないです。

利尿剤で夜間の頻尿を抑えましょう

人が排尿のために、一日にトイレに行く回数は大体決まっていて、それでも一日に何回以上だと頻尿と言われることはあります。
また高年齢になった人などは、特に夜間頻尿といわれる状態にもなってしまいます。

夜間頻尿に関しては、原因が加齢だけではなく高血圧によるものもあり、体内の血管内で水分が多くなれば、必然的に尿を排出する回数が多くなってしまいます。
当人の腎臓機能にも関わっていますが、通常は食べ物などで、カリウムを摂ることにより塩分の排出を即することができます。

また、体を温める働きをする生姜などの食べ物を食すれば、冷えを防いで頻尿になる原因を和らげます。
銀杏は昔から、出かけに数粒を食べて出かけると、トイレが近くならないと言われているほど、排尿に関しては優れた食材です。
冷え改善のための食材も、日常での食事で食卓にも上りやすく、適したものは探せば多々あります。

しかしながら、食べ物だけで頻尿の症状を取り除くというのも少々無理があり、体の筋肉が作用する骨盤底筋体操や、筋肉の締まりを良くする運動で、膀胱訓練などが改善のために特に効果的です。
体の筋肉が衰える高齢者などにとっては、運動は必須科目となります。

それでも効果が薄い場合は、尿を排出させるために利尿剤の使用という方法もあります。
体内で増え過ぎてしまった水分を、利尿剤を使うことで、体内から素早く排出させることになります。
夜間頻尿が度重なると、一晩で何度も起きてトイレに行くことになるので、睡眠が十分とれなくなってしまうのです。

適度に利尿剤を使用することで、夜間の排尿の回数も減らすことができ、睡眠を邪魔せず朝までぐっすりと眠れる利点があります。
この利尿剤に関しても、医師などに相談して利用することが安全な利用方法です。

関連記事