• ホーム
  • 睡眠障害は体調や生活リズムに大きく影響を与える

睡眠障害は体調や生活リズムに大きく影響を与える

人間は睡眠することなく生きることができません。
この睡眠の質が悪くなると身体の調子だけではなく心の調子を崩すことがありますので、快適な睡眠リズムを保つことが大事です。

睡眠障害というとなかなか眠れなかったり夜中に何度も目が覚めてしまったり、睡眠時間が短くなることだと考えている人が多いでしょう。
実は寝すぎてしまうことも睡眠障害の一つです。
夜はしっかり寝ているはずなのに昼間も眠くて仕方がないと感じるときには、本人が眠っていると認識していても本当は眠れていない状態の場合もありますので注意が必要です。

眠る時間が足りないと、集中力が途切れぼーっとしてしまう、内臓の調子がおかしくなり胃腸が痛くなったり胃がむかむかして食欲が低下する、倦怠感があり少し歩いただけで疲れてしまう、太陽光がまぶしく感じて目が痛くなってしまう等、日常生活に支障が生じます。

眠る時間も大事ですが、毎日だいたい決まった時間に寝て決まった時間に起きることも重要だと考えられています。
海外旅行や夜勤の仕事のために寝る時間をずらそうとしても、いきなり新たな生活リズムに馴染める人は少ないです。
起きる時間は早くなったのに寝る時間は遅い、つまり睡眠時間が短い状態が続いて生活リズムが調整できずに不眠症のきっかけになることもあります。
日によって起きなければいけない時間が違う仕事をしている人も睡眠障害を起こしやすく、生活リズムが乱れがちです。

眠っているあいだに脳では1日に起こった出来事を整理したり免疫力を高めたりといった重要な働きが行われています。
睡眠障害が長く続くと常に身体に負荷がかかっている状態になるので、うつ病等の精神疾患にかかりやすくなってしまいます。
自分自身や身近な人の睡眠障害に気づいたときには早めの対処が必要です。

夜にぐっすり眠るには太陽光を浴びる、軽い運動をする、寝る2時間前には食事を終える、ぬるめのお風呂に入るといった行動が効果的です。
それでも上手く眠ることができない場合には、メロセットなどメラトニンを含む睡眠薬を服用して睡眠の質を整える方法があります。

しっかり寝るために睡眠導入剤の服用もおすすめ

睡眠は健康の基本です。
不眠症等の睡眠障害を患うと仕事だけでなく、日常生活にも大きな影響を及ぼします。
1度乱れてしまった睡眠リズムを自分で戻すのは容易ではなく、長期間苦しむ人もいます。
睡眠にはメラトニンの存在が大きく影響しています。
朝の太陽光を浴びる事でメラトニンの分泌がストップされ、夜になると再び分泌されて眠くなりはじめます。
毎日1度リセットされる事でリズムが保たれる仕組みになっています。

不規則な生活習慣を改善する事が必要ですが、メロセット等の睡眠導入剤の服用が便利です。
メロセットはメラトニンを成分とした概日リズムを調整する薬です。
ロゼレムのジェネリック医薬品なので、安心して利用する事ができます。
1日に1回1錠が基本ですが、効き目が感じられない人は3錠までを限度として利用します。
寝つきが良くなり、質の良い睡眠を十分に取る事が期待できます。

メロセットは強制的に眠らせる効果があるものではないので、睡眠障害の程度によってはあまり効果が得られない場合があります。
しかし睡眠薬にありがちな依存性や習慣性が殆どないので問題なく長期間利用できます。
メロセットは比較的副作用の少ない睡眠導入剤ですが、人によっては倦怠感や吐き気、食欲不振等の症状がある場合があります。
そしてメロセットはドラッグストア等では購入する事のできない睡眠導入剤です。

通販サイトを利用すれば簡単に入手する事が可能です。
数多くの業者がありますが、価格だけで判断せず信頼できる優良業者から購入する事が必要です。
もっと詳しい事が知りたい場合はメロセットについての口コミが参考になります。
口コミサイトでは利用者の体験談や感想を知る事ができます。

関連記事