• ホーム
  • オルメテックは高血圧治療薬です

オルメテックは高血圧治療薬です

患者と話す女性の医者

オルメテックは有効成分オルメサルタン・メドキソミルの作用によって、体内で血圧を上げるアンジオテンシンIIと呼ばれる物質の働きを阻害して降圧効果をもたらします。
オルメテックはARBとも略されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬という系統に属する降圧剤です。
アンジオテンシンIIの作用をブロックすることは心臓や腎臓の筋肉が繊維化するのを抑制することにも繋がるため、効果的に血圧を下げながら臓器保護にも役立つという点でも重宝されている薬です。
1日1回の服用で24時間作用する持続性の高さもオルメテックの利点になっています。

オルメテックをはじめARBの薬はACE阻害薬という系統の降圧剤と似た仕組みで血圧を下げます。
ACE阻害薬の問題点だった空咳の副作用が起こりにくくなるよう開発されたのがARBということで、オルメテックも優れた降圧効果はそのままで副作用が少ない薬として生み出されました。
オルメテックはARB系統の薬の中でも特に効果が高いことでも知られ、高血圧治療のほか、症状によっては心不全や腎硬化症といった腎臓病の治療にも役立てられています。

オルメテックの有効成分オルメサルタンは、RAA系と呼ばれる体内の血圧上昇システムが作用する最終段階で血圧を上げるアンジオテンシンIIをブロックして効果を発揮します。
2種類あるアンジオテンシンIIの受容体のうち血圧上昇と心臓の肥大にかかわる方を選択的に阻害するため、特に副作用が少なく降圧効果の高い薬として登場しました。
飲み合わせに要注意の薬が多い降圧剤の中でもオルメテックは比較的ほかの薬との相互作用が少ないとされ、副作用も生じにくいことから長期維持療法に適した降圧剤になっています。

数ある降圧剤の中でも効き目が強く副作用が少なめのオルメテックですが、用法用量や注意事項をしっかり守って服用するべき薬です。
原則的に禁忌とされている妊娠中の人や別の降圧剤を服用中の高齢の人は服用しないよう注意が必要です。
医師の指示を守って正しく服用を続けることで、心臓や肝臓を守りながらしっかりと血圧を下げることができます。

高血圧の症状について

薬の処方を受ける以前に、血圧が上昇する仕組みについて理解を深めると良いでしょう。
まず、心臓から送り出された血液は動脈を通って体中の細胞に酸素や栄養分を運びます。
その後静脈を通り老廃物などを回収しながら心臓へと戻ります。
この一連の流れは、血圧が規則的に収縮することで成り立っています。

血圧の強弱の状態は、心臓から送り出される血液の量、その血液の流れ、血液の粘り気、血管の硬さや柔らかさといったもので決まります。
高血圧には2種類のタイプがあり、原因の分からない本態性高血圧症、その他として疾患が原因としての二次性高血圧症があります。
初めは高血圧であることに中々気づきにくいものですが、健康診断で血圧の数値が高く、高血圧症の症状を指摘されるなどで発覚します。
本人の自覚症状としては、今まで無かった頭痛があったりふらついたりすることもありますが、特に酷くない限りは、高血圧によるものとは判断がしにくいものです。

血圧が高いことを放置していた場合、脳の血管が狭くなることで起きる脳梗塞、脳内の細かい血管が勢いよく出された血液で破けると、脳溢血となります。
また、くも膜といわれる髄膜の下から出血する、くも膜下出血となる危険もはらんでいます。
それゆえに適切なオルメテックなどの薬での治療が必要になります。
重大な状態になる前に、長期維持療法として、有効成分のオルメサルタンが入り効果のある、オルメテックの薬で血圧を下げる対応をすることが多くあります。
オルメテックは、アンジオテンシンIIの血管を収縮させる作用を止める効果があるので高血圧に有効な薬です。
この処方は持続性があるので、毎日の服用で、血圧の症状が収まり良くなっていきます。

関連記事